So-net無料ブログ作成
安全保障全般 ブログトップ
前の15件 | -

6日付書簡でトルコに最後通牒:F-35計画から排除へ [安全保障全般]

7月末にトルコF-35関係者を米国から排除
部品納入契約も2020年初には終了へ

F-35  Turkey.jpg6日付のShanahan臨時国防長官からトルコ国防相への書簡が明らかになり、今月中にも予期されているロシア製高性能地対空ミサイルS-400のトルコ搬入が行われれば、F-35共同開発国で同機を100機購入予定のトルコを、F-35計画から排除し、既に完成している4機の機体も引き渡さないと最後通牒したことが明らかになりました

Shanahan臨時長官は既に、トルコ国防相と同書簡の内容について5月28日に電話で話しているそうで、イスラム教の国として唯一のNATO加盟国であり、米軍の地域拠点であるインジュリック空軍基地を擁するトルコと米国の関係は、いよいよ正念場を迎えることになりました

Turkey USA.jpg直接のきっかけは、トルコがS-400の操作要領等を学ばせるため、トルコ軍の操作員や整備員をロシアに派遣したことが最近明らかになったための様ですが、西側最新兵戦闘機であるF-35を、ロシア製最新鋭SAMと同居させることで機密が漏洩すると、トルコ側には数年前からあらゆるチャネルを用いて警告してきたにも関わらず、反米のエルドワン大統領は一歩も引かない姿勢でS-400導入を進めてきました

7日に会見した米国防省のEllen Lord担当次官は、S-400の代替として、米議会の許可も得てパトリオットシステムをトルコに輸出する準備も整っているとトルコ側に呼び掛けていますが、トルコ側はこれまで、米側とNATO加盟国からのこのような要請に対し、「S-400導入は既に決定済で契約済の案件だ」として全く聞く耳を持たない様子です

とりあえず、臨時国防長官の書簡とLord担当次官会見から、米国防省の最後通牒内容を確認しておきましょう

7日付Defense-News記事によれば
S-400-launch.jpg報道された6日付の米臨時国防長官からトルコ国防相への書簡によれば、トルコがS-400導入を進めるならば、まず6月12日に予定されているF-35共同開発国と購入国関係者が一堂に会する年次会議「Chief Executive Officer roundtable」にトルコの参加を認めない
そして7月31日をもってトルコ側のF-35関係者(操縦や整備の教育を受けるトルコ軍人や米国防省F-35計画室に連絡官として勤務するトルコ関係者)の米軍基地や米国防省施設立ち入り許可が失効し、トルコへ帰国することになる

●この立ち入り許可取り消しにより、現在42人のトルコ軍兵士が操縦や整備の教育を米国内の基地で受けているが、28名が教育を終了することなく帰国することになる。既に操縦教育を受けた2名のトルコ軍教官パイロットも帰国する事になる
●なお計画では、6月にトルコ軍F-35要員を40人、7月からは追加で12名が米国内の米軍基地で操縦や機体整備の教育訓練を受ける予定であった

トルコ用に製造され、現在トルコ人パイロット養成のためアリゾナ州米空軍Luke基地に置かれている4機のF-35については、一部をトルコに移送する計画を4月から差し止めていたが、トルコ側に引き渡さないこととする

F-35共同開発国として、トルコ軍需産業は937種類のF-35関連部品やパーツ供給を担っているが、その中で400種類はトルコのみが製造している部品等であり、「early 2020」までの契約が締結されている
F-35-Turkey.jpg米国防省F-35計画室長は4月に、トルコからの部品供給が途絶えた場合、約2年にわたり計50-70機の生産遅延につながるとの見積もりを示していたが、Lord担当次官は7日、この見積もりは今年夏にトルコ企業との契約を打ち切った場合の見積もりであり、「early 2020」までの時間を利用して代替調達先の準備を進めれば、影響は局限できるとの見通しを示した

F-35の機体維持整備や修理、能力向上改修についても、トルコでの作業ができなくっても、他の欧州の施設でカバーできるとの見通しを同次官は述べた
●そして改めて同次官は、「トルコには選択肢が残されている。S-400の導入を見直すことで、F-35計画に何の問題もなく復帰が可能だ」と強調し、「昨年12月に米国務省がトルコへのパトリオットミサイルシステム輸出を許可しており、何時でもトルコ側と協議可能だ」と付け加えた

●同次官は、今準備が進んでいる米トルコ空軍共同演習「Anatolian Eagle」は、本事案に関わりなく、両国軍の協力のもとに行われると会見で語ったが、
●米国防省の欧州担当次官補代理は、「我々は決してそれを望んでいないが、トルコがS-400導入を進めた場合、これまでに述べたF-35計画からのトルコ除外以外にも、米議会がロシア製兵器を導入した国を対象とした国家制裁法を発動することになろう」、「今後、両国間の共同訓練にも影響が出るだろう」と語った
///////////////////////////////////////////////////////////////

USA Turkey.jpgただ、F-35を海外に売りさばきたい商売人トランプ大統領がトルコ大統領と水面下で「ディール」を画策しているとの噂も常にあり、NATO軍最高司令官の米軍大将が「You never know what the future will reveal」と語っているぐらいの案件ですから、まだまだ何が起こるか・・・

トランプ大統領による「オバマのやった政策は何でもかんでも嫌い」姿勢により、同盟国との関係が崩れ始め、そこに中露が食い込んでくさびを打つ、米国に不満を持っていた同盟国が独自の動きを始める・・・といった大きなうねりの中の大波ですが、対イランの件もあり、とても将来が心配です

米トルコ関係の記事
「6月第1週に決断か」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-23
「トルコが米国内不統一を指摘」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-06-2
「もしトルコが抜けたら?」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-21
「来年10月S-400がトルコ配備」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-27-1
「マティス長官がトルコF-35を擁護」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-07-24
「6月に1番機がトルコに」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-15
「露製武器購入を見逃して」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28-1
「連接しないとの言い訳?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-12-30
「トルコ大統領が言及」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-14
「ロシア製S-400購入の動き」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-02-23 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国は対北を超えた軍備強化を着実に・・・ [安全保障全般]

本サイトのFacebookとTwitterもご活用下さい!
Facebookhttp://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitterhttps://twitter.com/Mongoose2011
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

対北を超えた地域脅威に備えた体制整備とか
領土紛争もその理由にあげる国防相補佐官

KF-X1.jpg3日付Defense-Newsは、現在の韓国国防相の政策補佐官を努める元韓国空軍少将で国民大学校国防管理研究所トップのJung Soo氏にインタビューし、対北中心の軍備から変化しつつある韓国の軍備強化について紹介しています

現在の韓国国防相とクラスメイトであった国防相政策補佐官の発言ということでDefense-Newsがアポローチしたと思われますが、なかなか興味深い側面からのアプローチですので、驚くような発言があるわけではありませんが、意味深な感じもするのでご紹介します

北朝鮮のことはそんなに心配していないとのスタンスで、地域の脅威として「potential territorial disputes」をあげている点に目を引かれました

3日付Defense-News記事によれば
JKU1.jpg韓国が北朝鮮との関係回復を優先する中で、韓国の軍備強化プランはその視線を核保有国の隣国から、地域の脅威へとシフトしつつある
そしてそれらの地域脅威には、潜在的な領土紛争や、中露航空機の領空識別圏侵入が等が含まれる

韓国国防相の政策補佐官を務めるJung Soo氏は、2013年に韓国空軍を退役しているが、ISRや指揮統制航空機計画の責任者だった人物でもある

●なぜ韓国軍の作戦焦点が急に変化しているのか?
---朝鮮半島の情勢は、ゆっくりであるが確実に平和の方向に向かっている。最近は非核への動きが停滞し、北が短距離ミサイルを発射しているが、これらはトランプ大統領の気を引くためのものにすぎない
---韓国は変化する地域情勢に対応すべく、潜在的な地域脅威に対応する必要があり、それ故に今後5年間毎年平均7.6%増加させる計画なのである

●新兵器調達面での焦点は何か
F-35 Korea.jpg---航空戦力の増強が中心で、F-35と空中給油機の配備が始まっており、戦力を大きく向上させるものである
---これらに加え、特に戦時作戦統制権を米国から譲り受けた後のことを考えると、軍全体に資するISR機や指揮統制既、例えば追加で2機導入を進めているE-737AWACSや、導入計画を進めているJSTARS、更に電子戦機などである

●韓国軍が注目している新技術は
---無人システムの技術に注目している。陸軍は兵器搭載の無人機部隊を発足させ、無人機の群れでの攻撃も視野に置いている
---敵のキルチェーンへの先制攻撃も見据え、ステルス性を持った無人機導入も検討しており、敵目標に潜入して接近して迅速な反応で対応できるよう考えている

●韓国軍の兵器開発での課題は
---戦闘機に関して韓国は、最先端の製造技術を保有し、現在KF-Xの開発を進めている。ただ国産の空中発射兵器を保有しておらず、空対地ミサイル開発に着手したばかりである
---この兵器開発は容易でなく、洗練された兵器技術とシステムインテグレーション能力、更にレーダー干渉対応能力が求められている
///////////////////////////////////////////////////////

Korea-China2.jpg個別具体的な兵器の話にいきなり入っており、奇妙な感じもしますが、北朝鮮のことをあまり意識せず、一応中国やロシアに触れてはいるものの、「potential territorial disputes」と言えば日本も当然強く意識しているということです。

日本がF-35導入を決定したとたん、韓国の機種選定をちゃぶ台返しして無理やりF-35を後継機に押し込んだり、日本が射程に入る射程のミサイルを保有したりなどなど、海自P-1へのレーダー照射など、韓国軍の目は確実に南にも向いているということです

KF-X関連の記事
「KF-Xは欧州のミサイル搭載?」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-30-1
「米が韓への技術提供拒否」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-09-28
「KF-X計画公式発表」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-04-01-1
「韓国KF-Xは2個エンジン」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-07-22
「F-35がらみでKF-X支援要求」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-03-31

韓国とF-35関連記事
「韓国F-35とKF-Xのゴタゴタ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-04
「韓国F-35とKF-X」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-09-25
「韓国がF-35に最終決定」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-11-22-1
「急転直下:F-35を選定か?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-10-19
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

2019年第18回アジア安全保障会議Shangri-La Dialogue(#SLD19) [安全保障全般]

これで打ち止めです!
各講演のライブ映像が以下のサイトで見られます
IISSのwebサイト
https://www.iiss.org/events/shangri-la-dialogue/shangri-la-dialogue-2019


追記第4弾

中国の魏鳳和(Wei Fenghe)・国務委員兼国防相
「中国と安保国際協力」セッションに単独登壇
講演原稿2019China Gen Wei Fenghes.pdf

中国軍人が海外でいつもそうするように、聴衆に対して挙手の敬礼をしてから演壇に立ち・・・
2019shangrila.jpg台湾について中国と台湾は一つの国だが、台湾を中国から分離させるような動きがあれば、中国軍は全てを犠牲にしても(at all cost)これを阻止する。昨日のShanahan臨時国防長官の台湾に対する発言は、中国の内政に干渉する発言であり看過できない

南シナ海について安定してるが地域の秩序を乱そうとするものがいることが懸念事項である。南シナ海の島々は中国の領土であり、必要な自衛のための装備を配備することは当然の権利であるし、今後も状況に応じて防衛力を強化する
北朝鮮については平和協議のメカニズム構築が重要で、朝鮮戦争停戦状態の終戦への手続きがまず重要だ

魏鳳和国防相の質疑対応は極めて精緻に準備されたもので、立て板に水の回答でした。一度に10名の質問を受け、適当にはぐらかしながら、言いたいことを一方的に流れるように述べるその姿は、ある意味洗練されていました

2019shangrila2.jpg一方で回答の時間がないのは明らかなのに一度に10人も質問を受け、実質2-3分しか回答の時間を残さないのは、あくどい商売人IISSチャップマン氏の高等作戦でしょうか? 質問への回答時間は少なくするから・・・と中国側と事前にネゴって、国防大臣を呼んできたような気がしてなりません

一応、16分はセッションを延長していましたが・・・
////////////////////////////////////////////////////////////////////

追記第3弾

Shanahan臨時国防長官プレゼンの背景
同日発表の「インド太平洋戦略」報告書の要旨
(各種報道より:計64ページの文書です)

「インド太平洋戦略」報告書の現物https://media.defense.gov/2019/May/31/2002139210/-1/-1/1/DOD_INDO_PACIFIC_STRATEGY_REPORT_JUNE_2019.PDF

DOD-INDOFacif.jpg国際ルールや公正な競争の下で経済成長を追求できる、自由で開かれたインド太平洋を維持することを約束する
中国は軍事力や経済力で、自国の利益のため地域秩序を変革しようとしている。国際秩序を乱すような政策や行動は受け入れられない

北朝鮮は完全に検証可能な非核化を達成するまで、安全保障の難題となる。非核化が明確にされない限り、全ての制裁を継続する。日本の拉致問題への支援も続ける
日米同盟は地域と自由と繁栄の基盤で、米国が日本を防衛する約束を堅持する。サイバーや宇宙での協力を進め、技術的な優位を維持する

中国は台湾に対する軍事力行使を放棄しようとせず、軍事力強化を続けている。台湾の安全を保障できるよう関与を続ける
地域のネットワークを強化する。安保協力を拡大し、負担を分け合うことで、紛争を防ぎ、課題に取り組む柔軟性を増すことができる

追記第1弾以外の講演の着目点は・・・
●米中の対立が厳しくなる中、台湾への支援を継続する方向性を明確にし、「台湾海峡を巡る相違は、強制がない形で、両岸の人々の意思に基づき解決されるべきだ」と明言した点
●米政権が安保上の脅威だと市場からの排除を狙うファーウェイについて、「中国政府に近すぎる」と懸念を再確認した点

おまけ
例年、シャングリラでは日米韓3か国会談が行われてきましたが、今回は韓国を排除し、日米豪の会合が行われました!!!・・・っと思ったら2日午前中に日米韓3か国協議が行われました・・
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

追記第2弾
防衛大臣が英語でプレゼンしていたので、努力賞で写真を紹介

2019Shangrila3.jpgただ、岩谷大臣の講演原稿だけ、他の登壇者よりアップが20時間も遅れたは情けないですよ・・・




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

追記第1弾
Shanahan臨時国防長官の講演原稿と話を聞いての感想

原 稿
Plenary 1 Patrick M Shanahan Acting Secretary of Defense United States as prepared.pdf

2019Shangrila.jpg米国のメディアが質問で、米国防長官のプレゼンは毎回ほとんど同じだが、これだけ地域の変化があるのになぜ変化がないのかと問いただしていましたが、その通り大きな変化はありません。でもその中で特徴的だった点に触れると・・・

一番の特徴は、地域の安保問題に触れた際、北朝鮮とISの脅威に触れた後、中国の名前を出すことなく、以下の不安定要因を延々と語ったやり方です。
●そこで言及した不安定要因とは、国際秩序に反する行為、選挙への介入、他国の特定の勢力に経済的な肩入れをすることでの影響力行使、自由で開かれたはずの公海の支配強化、先端技術の窃盗、サンゴ礁など自然環境の破壊、アクセス拒否、言葉と行動の不一致などなどです・・・

そして話を切り替えるようにしてから中国との関係に触れ、対話の重要性を語り、自由でオープンで公正なルールに基づく国際秩序によって最も利益を得るのは中国です・・・と語っています。北朝鮮やISの脅威への言及が極めてあっさりだった中で、時間配分は10倍くらいあったと思います

ボーイング社での30年の経験を踏まえて地域の特徴を語った部分も独自色でした。航空機を生産するのに、様々な商習慣を持つアジア各国から部品を取り寄せ、一つの物をつ売り上げる難しさの一方で、そのようなことが可能な地域であると表現し、地域が協力して取り組む重要性とその力に期待を示していました
●地域各国との関係を演習や部隊配備を通じて触れたのはいつもの流れでしたが、日本、韓国、インドとの国名の使用頻度が多かった中で、豪州への言及が少なかったことが気になります

2019Shangrila2.jpgまた、聴衆にいた米議員の名前を全員紹介し、米議会が地域支援のための法枠組みを作ったとこなどの成果を丁寧に紹介して讃えていた点も目新しかったところです。正式な国防長官への承認審議に向けた根回しでしょうか・・・
ビジネスマン的なフットワークのよさそうな立ち回りも印象的でした。質問を受ける際、司会のIISSシップマン氏がまとめて数個の質問を受ける形で進めようとしたのに対し、時間の関係もあるからその都度対応しようと申し出て回答した様子も印象的でした。

●この場面、IISSは何らかの意図をもって質問者を何名か事前に決めている(事前に質問を打ち合わせて)節があるので、質問ができなかった事前予約者がいたとしたら、商売人のIISSシップマン氏は大いに困惑したことでしょう
質問者の選択で驚いたのは日本の加藤洋一氏が3番目の質問者に指名されたことです。朝日新聞所属時にはスポンサー特権で米国防長官への質問者に毎年指名されていましたが、加藤氏が朝日新聞を去り、かつ朝日新聞がスポンサーを去った今年に質問者として復活したことに驚きました。このあたりの裏に興味津々です
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Shanahan臨時国防長官が、どれほど強い意志を示し、普段から強調している「中国が一番の脅威」を語るかに注目しています! 1日午前8時35分(日本時間9時35分~)

ライブ映像が以下のサイトで見られます
IISSのwebサイト
https://www.iiss.org/events/shangri-la-dialogue/shangri-la-dialogue-2019

第18回アジア安全保障会議のアジェンダ
https://www.iiss.org/events/shangri-la-dialogue/shangri-la-dialogue-2019/outline-agenda

IISS Shang.jpg5月31日夕刻から6月2日午後まで、今年も恒例の第18回アジア安全保障会議(2018年シャングリラダイアログ:Shangri-La Dialogue)が、シンガポールのシャングリラホテルで始まりました

会議の開始は31日(金)の夕食会からスタートし、基調講演をシンガポール首相が行いましたが、31日(金)は昼頃から、各国大臣クラスによる「バイ会談」が複数セットされています。

例えば米国のShanahan臨時国防長官は中国の国防相と31日に「バイ会談」を行ったようです。
通訳を挟んで、僅か20分間という短さで、儀礼的なあいさつで終わったと推測されますが、米側報道官は「建設的な意見交換だった」との同長官コメントを出しています

同会議は、英国の民間研究機関IISSが主催する非公式の会議ですが、アジア太平洋のほぼ全てと、欧州主要国の国防大臣が一堂に会する点で、「アジア最大の安全保障イベント」と考えられています。

2018-3.jpg国家間の公式行事ではないある種の気軽さと、文民高官から軍人トップクラスが一堂に会すことから、また各講演やパネル討議の後に一般参加者から質問を受けることから、米国防長官に中国軍人が辛辣な質問を浴びせたり、といった場面も見られます

日本は今年も防衛大臣と統合幕僚長が参加していますが、2016年には安倍首相がオープニングの基調講演を行い、中国に対する毅然とした態度でアジア諸国から高く評価されたところです。

31日になって細部のアジェンダが公開され、いつもの通り米国防長官(Shanahan臨時国防長官)が1日(土)の朝8時35分から1時間、実質討議のトップバッターを務めることが発表され、続く「韓国の安全保障」セッションに日本の防衛大臣が韓国国防相とEU外交安保担当副大統領と登壇する予定です。

最近の中国代表は、海外担当の中国軍副参謀総長(大将)が多かったのですが、今回は国防大臣が参加し、2日(日)朝0835から単独で「中国と国際協力」とのセッションを行います。

第18回アジア安全保障会議のアジェンダ
https://www.iiss.org/events/shangri-la-dialogue/shangri-la-dialogue-2019/outline-agenda

Shanahan5.jpgメインイベントはShanahan臨時国防長官の講演と質疑ですが中国が一番の課題だ、と各所で公言し、国防省内でも「China,China,China」と連呼している同臨時長官ですので、最近の米中の緊張感そのままに、率直な発言を期待したいものです。

なんだかんだ世界中が騒いだものの、南シナ海の人口島軍事施設は完成、「軍事基地化はしない」との習近平主席の言葉はあっさり無視され、滑走路、格納庫、弾薬庫、各種センサー、防空ミサイル等々、立派な基地が複数完成しています

軍事技術面でも、特にAIや超超音速兵器、サイバーや宇宙兵器の分野で、米国を凌駕するとの見方が一般的になった今、何を色々話題の同臨時長官が語るかに注目です

2019Shangri-La.jpgマティス前長官はその点、とても紳士でしたので、土曜日の早朝から若干肩透かし的な印象でしたが、Shanahan臨時国防長官には一発ぶちかましてほしいものです(ほとんど野次馬状態です・・・)

でも外交安保分野の経験が皆無の臨時長官ですから懸念もあります
例えば、31日にはアジアの国防相級を一堂に集めて国防相会談を主宰したそうですが、アジア各国との「バイ会談」に耐えられないので、このような形にしたような気がしてなりません・・・

前述のように、中国とはバイでも僅か20分間ですから・・・。ゲーツ長官時には1時間以上やってましたから。しかも時間を延長してまで・・・

1日(土)の午後からは、まず「アジアの安保秩序」セッションで英、仏、マレーシアの国防相が登壇し、その後は複数のセッションが同時進行の形になります。

日本の山崎統合幕僚長は、1日(土)の最後1645からの「新たな国防協力のパターン」セッションに、カナダ国防相、豪州統合参謀長、ロシア副大臣、中国の国際関係担当少将、米上院議員などと登壇します

出席する国防相の国を再確認すると
米、英、仏、カナダ、EU、NATO(それに近いレベル)
日、中、韓、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インドネシア、豪州、NZ、シンガポール

スポンサー企業は5社体制に
●スポンサー企業は、2014年の10社から中華系のメディア資本2社(鳳凰網とフェニックスTV)が撤退し、2015年には8社に。
●2016年は米空軍の次期爆撃機を受注して活き上がる「Northrop Grumman」が加わり9社体制

2019 Shangrila.png●しかし2017年は、「Northrop Grumman」と継続してスポンサーだった「三菱商事」が撤退して7社体制に。結果として、日本からは「朝日新聞社」だけがスポンサーに
2018年は、新たに「Booz/Allen/Hamilton」がスポンサーに加わり、8社体制

そして今年は、ボーイングと朝日新聞とST engineringが抜け、MAXARとの新企業が入って7-3+1=5社体制となっています。朝日新聞がついに抜けました

IISSの関連webサイト
https://www.iiss.org/events/shangri-la-dialogue/shangri-la-dialogue-2019

アジア安全保障会議の過去記事
「2018年」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-05-26-2
「2017年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-01-3
「2016年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-05-30
「2015年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-28
「2014年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-05-27
「2013年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-31
「2012年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-25
「2011年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-06-01
「2010年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-06-05

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

台湾空軍が高速道路で離着陸訓練 [安全保障全般]

米台の安全保障担当責任者会談の40年ぶり開催に中国が反発する中で・・・

Taiwan Highway.jpg28日、台湾空軍が例年恒例の高速道路を使用しての空軍機離発着訓練を実施し蔡英文・台湾総統も訓練を視察して中国に対する最大限の警戒を呼びかけました

この訓練は、有事、島国である台湾の主要な作戦航空基地が、中国軍の1000発以上と言われる短距離弾道ミサイルなどで機能を喪失しても、高速道路まで滑走路として使用して粘り強く戦い抜くとの姿勢を示すもので、以前はイスラエルでも行われていたものです

実際に高速道路を空軍基地のように作戦運用に使用できるかは、航空機を地上で支援する様々な整備機材、燃料供給施設や車両、必要な弾薬の保管や搭載、航空機を管制するレーダー、無線、気象観測施設などが必要なことを考えれば事実上不可能で、緊急時の「不時着場所」程度の位置づけにしかならないと思いますが、国民へのアピールという点で意味があるのでしょう

米国のボルトン補佐官と台湾のカウンターパートが40年ぶりに会談し、中国が反発しているとのニュースと併せて・・・

28日付米空軍協会web記事によれば
taiwan highway2.jpg28日、台湾空軍は台湾南部のChanghua郡の高速道路を使用し、中国軍が台湾航空基地を攻撃した場合に備えた訓練を行った
訓練には台湾空軍のF-16、ミラージュ2000、台湾国産のIDF、早期警戒機E-2Kが参加した。なお参加したF-16は、F-16A/B型144機をV型に改修する計画の最初の機体だった

●訓練を視察した蔡英文・台湾総統は、「台湾の安全保障は多くの課題に直面している。中国軍の作戦機が台湾を取り囲むように飛行したり、遠距離遠征活動を行ったりしているが、これらは地域の平和と安定に対する脅威となっている」と述べ
●更に、「我々は高いレベルの警戒態勢を維持しなければならない」とも語った

台湾は米国からの兵器購入に頼っているが、米国にとって台湾への武器輸出は中国からの反発を招く点で「とげ」のような存在である
●しかしトランプ政権になって以降、米台の安全保障協力関係は発展の兆しを見せており、5月初めに台湾安全保障評議会のDavid Lee事務局長が、両国の国交が公式になくなった1979年以来初めてボルトン大統領補佐官を訪問して会談している

この40年ぶりの会談の中身については明らかになっていないが、中国外務省の報道官はこの会談を強く非難し、「強い不満と断固たる反対姿勢を示す。米国と台湾の如何なる公式の交流に強く反対する」と表明している
//////////////////////////////////////

taiwan highway3.jpg訓練を視察し、威勢の良いコメントを発表した民進党の蔡英文・台湾総統ですが、来年1月の総統選挙には暗い見通ししかありません。民進党の総統候補になることさえも難しいと言われています

中国大陸から様々な「情報戦」や経済面での仕打ちを仕掛けられているのでしょうが、支持率は急落し、通常は2期務める総裁を1期で退く流れの様です。

一方で中国寄りの国民党は、前回2016年の総統選挙時は劣勢で有力者が立候補を避ける状況でしたが、今回は複数の有力者が名乗りを上げている状況です

米国側に今後何らかの動きがあるのか・・・注目したいところです

台湾関連の記事
「台湾F-16V型ようやく納入」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-27-2
「米国が売却承認の兵器」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-30
「マティス長官が台湾を公式会議で」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-01-3
「哀愁の台湾F-16能力向上」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23
「米は台湾に最新F-16売却するか」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-07-23
「台湾空軍の苦悩」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-05-14
「米中軍事対話と台湾」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-05-11
「ミサイル1600発除去が条件」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-19

台湾軍事戦略に意見する
「RAND:台湾は戦闘機中心を見直せ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-04-07
「慶応神保氏:台湾の劣勢戦略」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-06-25
「CSBA:台湾は弱者の戦法を」→http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2014-12-27
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

KC-46の海外売込みに必死なボーイング社 [安全保障全般]

旅費を負担して記者をパリ航空ショーへ
ライバルA330タンカーとの差は生産数規模だと強調
明らかに出遅れていますが・・

KC-46-2.jpg21日付米空軍協会web記事は、ボーイング社がパリエアショーで行ったKC-46の海外売込みの様子から、そのアピールポイントを紹介しています。

ボーイング社のKC-45A空中給油機は、現在米空軍以外では航空自衛隊が数機購入を予定しているだけですが、約180機の納入が確定していることを強みとし、ライバルであるエアバス社のA330空中給油機(既に7か国に30機以上を納入済で、計60機の製造は確保。追加で別の5か国とも商談中で脈あり)と張り合っています

しかしボーイングの台所事業は恐らく「火の車」で、KC-46開発段階での様々なトラブル対処で、既に固定価格契約額を約4000億円上回る額を自己負担しており、少しでも海外売込み機数を増やして「持ち出し分」を取り返そうと必死です

それでなくても、B-737maxの連続墜落事故で企業評価がガタ落ちし、このKC-46でも機内に工具の置忘れ等が複数確認され、米空軍が2度に渡り機体受け入れを拒否してボーイングに改善を求めるなど、良いニュースは全くない状態です

今回の記者団お抱えのパリ旅行でも、「工具置忘れ」事案には言及を拒むなど、記者団の印象は良くないようですが、KC-46を見本も購入する以上、付き合わなければならない相手ですので、その姿勢をメモしておきましょう

21日付米空軍協会web記事によれば
KC-46-AV-8B.jpgボーイング社はパリ航空ショーで、諸外国へのKC-46A空中給油機売り込みに力を入れており、米空軍が多様な機種への空中給油認証費用を負担することや、多くの機数を生産することで能力向上や機体の維持整備面でも長期にわたりリーズナブルに支援可能な点をアピールしている

15日にパリで記者団に対し、同社の担当販売部長である Matt Carreon氏は、KC-46Aを最低でも179機製造し、今後30年間は能力向上にもコミットしていくとアピールし、製造機数が少ない他のライバル機体を選んだ場合は能力向上等の経費が全て購入国負担になると違いを訴えた
同担当部長は、170機以上を購入する米空軍が機体の能力向上等を予算で行い、他の購入国はこの結果の恩恵を受けることが出来ると説明した

●同部長はまた、「市場にある他の給油機を購入すれば、給油を受ける機体の適合性承認費を購入国が負担する必要があるが、KC-46Aに関しては米空軍が2022年までに64機種の承認を空軍予算で取得する計画である」、
●「この際に米空軍は他国との相互運用性の観点から、米空軍が使用していないタイフーンやラファール等の航空機に対しても給油対象機としての承認を得る計画である。これによりKC-46購入国は承認費用を節約できる」、「多数機を製造するので、将来の維持整備面での支援についても心配の必要がない」ともアピールした

●また同部長は、KC-46がF-35に対する給油承認を、5か月間に約300回給油試験を行って問題なく最近取得したことを強調し、F-35購入国への強力な売り込み材料とする思いを伺わせた

KC-46-3.jpg日本以外への売り込み交渉について同担当部長は、イスラエルが関心を示していると噂されているが、複数の国と交渉中と答えたのみで、国名への言及は避けた。また複数の国による共同運航やリースについても対応を考えていると説明した
●記者団から、本来は今年36機製造する予定だったものが、現状では18機となっている点へのコメントを求められたが、これについても具体的な回答を同部長は避け、現時点で52機が納入済みで、50機が製造ライン上にあるとのみ説明した
////////////////////////////////////////////

ライバルのエアバスA330給油機は、今年1月の時点で、豪州6、英国14、UAE3、サウジ6、シンガポール1、韓国2、フランス1機既に納入済みで、更なる注文に対応中で、他に興味を示している国には、チェコ、インドネシア、インド、カタール、スペイン、スウェーデン等があるようです

なんとなく勝敗は決してるようにも思いますが、日本に負担をかけないようにKC-46の能力向上等に取り組んでほしいと思います

KC-46関連の記事
「米空軍2度目の受領拒否」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-06-1
「機体受領再開も不信感・・・」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-16-1
「米空軍がKC-46受け入れ中断」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09-3
「不具合付きの初号機受領」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-12-2
「7機種目の対象機を認定」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-08-3

「初号機納入が更に遅れ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-20
「10月納入直前に不具合2つ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-09-19
「10月に初号機納入を発表」→ https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-22
「開発が更に遅れ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-11-1

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

米政権が強硬にサウジUAEに緊急武器輸出へ [安全保障全般]

長年の議会との慣例を破り独断で
「前例がなく、法的に極めて疑わしい」とか

Trump arms.jpg24日付Defense-Newsは、トランプ政権がイランからの脅威急増を理由に、正式な武器輸出許可手続きを「免除」する法規定を利用して、サウジとUAEに9000億円相当の武器売却を進めようとしており、これに対して民主党議員が「前例がなく、法的に極めて疑わしい」と差し止めに動いていると報じています

米国の武器輸出管理法(Arms Export Control Act )は、同盟国等が急に紛争などに巻き込まれた場合を想定し、正式な武器輸出許可手続きを「免除」する法規定を設けているようですが、従来この免除を適用する場合は議会への説明や根回しをしっかりやるのが慣例だったようです。

しかし今回は米政権が武器緊急輸出の理由としている「イランからの脅威の急増」に関する十分な説明がなく、現地多国籍軍副司令官の英国軍人も「脅威に変化はない」と発言して英国防省もこれを支持するなど、ホワイトハウスと米国防省のみが危機感を叫んでいるイメージがどうしてもつきまとっています

更にサウジやUAEは、イエメンで活動するイランの支援を受けた過激派掃討のため、イエメンで軍事作戦を行っていますが、これがイエメンの民間人を巻き込む深刻な人道上の危機を招いていると国際機関やNGOから批判にさらされており、サウジ等への武器輸出に慎重な声が大きい高い背景もあります

24日付Defense-News記事によれば
Arms Export.jpg●24日、昨年から米国によるサウジやUAEへの精密誘導兵器提供を阻止してきた民主党のMenendez上院議員は、米政府が正式に、武器輸出許可手続きを「免除」する法規定を利用して両国に武器輸出を行う通知を上院に行ったと明らかにした
●そして、この免除規程適応について議会の意見も踏まえるとの長年の慣例を破る米政府の動きを、「前例がなく、法的に極めて疑わしい」と表現し、この武器輸出を阻止する法案提出を検討していると述べた

●同議員は政権を、「イランに関する緊急事態について何も説明せず、なぜ正式な武器輸出手続きを免除する必要があるのかの説明義務を怠っている、またこの免除が米国や同盟国にどのようなメリットがあるのかも説明していない」と政権を非難した
米国や同盟国への影響との観点では、製造に時間を要する武器をサウジやUAEに緊急提供するには、米国の武器の備蓄品を提供するか、他国に提供する予定の武器を横流しするしかなく、その点でも政権の独走は許せないと同議員は主張している

米国務省に対し、どの武器をどの程度を政権として提供するのか問い合わせたが、回答は得られず、通常の武器輸出では行われる声明の発出もない状態である
●Chris Murphy上院議員(民主党)は、「もし今回の免除を認めるようなことになれば、今後の政権は免除を連発して好き勝手に武器輸出を行いかねない」と警告している

●両議員はトランプ政権が「免除」規程を活用できないような法措置を検討していると述べたが、具体的な要領については触れなかった。また両議員は、この免除輸出は軍需産業のためにもならないと主張しているが、なぜ軍需産業のためにならないと主張しているのかは不明である
24日夜にCNNは、米政権が売却しようとしているのは9000億円相当の無人システムや対戦車ミサイル等であると報じた
//////////////////////////////////////////////////////

Arms Export2.jpg安全保障や軍事的な情報が秘匿されるのは当然だとしても、空母や爆撃機や1000名の米軍兵士を増強派遣し、90000億円級の緊急武器輸出となれば、議会から説明を求める声が上がるのは致し方ないことでしょう

特に、ボルトン補佐官がトランプ大統領の背後にいるとなると、大量破壊兵器製造を口実に突き進んだイラク戦争を思い出さざるを得ませんし、イランとの戦争を防ぐためにネオコン一層に奔走したロバート・ゲーツ国防長官やマティス国防長官(共に当時)に尽力した人物と比較し、今の米政権には危うい人しかいないのでなおさらです

イエメンのこともありますし・・・。不測の事態が起こらないことを願いつつ・・・

「イランの脅威急増」関連の動き
「英国とスペインがイラン脅威説に引く」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-17
「英軍少将がイランの脅威増を否定」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-16
「イランからの明確な一連の脅威でB-52派遣」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-08

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

6月第1週末が期限?S-400でトルコはF-35を失うのか [安全保障全般]

SU7uk7gl2216W57457r8

あと2週間で決着がつくのか???
ロシア製SAMS-400購入を取るか、F-35を取るか

Wolters2.jpg22日、NATO最高司令官で米欧州コマンド司令官であるTod Wolters空軍大将が、NATO加盟国軍事責任者会同でNATO加盟国であるトルコがロシア製地対空ミサイルS-400を10月にも導入しようとしていることに関し、S-400とF-35の共存は無いと改めて強調しました。

米国務省が6月第1週末を最終期限に設定したとの報道が流れる中、いよいよこの案件の峠が近づいた模様です!?!?

つまり、トルコがロシアと契約済だとしてS-400を強引に導入すれば、トルコが100機購入を予定し、部品供給も含めて開発当初から関与しているF-35計画から排除するとの脅しです

Turkey USA3.jpgただし、この件についてはF-35を売り込みたいトランプ大統領とトルコ大統領が直接裏で「ディール」しているのでは・・・との憶測も流れ米国としての姿勢が最後までどうなるかわからず、NATO最高司令官の立場は微妙ですが、とりあえず期限が迫って今後動きがありそうなので、ご紹介しておきます

22日付米空軍協会web記事によれば
●22日、Wolters司令官はNATO加盟各国の軍事トップに対し、NATOと米国はこの問題の解決に「very, very」焦点をあてていると語った
●また同司令官は軍事責任者として、F-35をS-400の近傍に配備するようなことは(秘密漏洩の恐れから)米国として許容できないと語った

F-35-Turkey.jpg一方で各国がそれぞれの立場を主張する中で、「どのような結果になるか誰もわからない:You never know what the future will reveal」とも表現した
21日はCNBCが、米国務省は6月の第1週末を期限とし、トルコにS-400導入を取りやめるか、F-35計画から離脱するかを選択するよう「deadline」を設定したと報じている

トルコはF-35を100機購入する計画で、同時にトルコの7企業が部品等供給にかかわることになっている
米国防省のEllen Lord調達担当次官は、仮にトルコがF-35計画から除外された場合、機体の製造に遅れが出て、コストアップの影響もあると述べている
/////////////////////////////////////////////

S-400-2.jpgなお、マティス氏が国防長官時代には、「トルコは同盟国としてとても重要だから、あまり目くじら立てずに、やっていこうよ・・」との趣旨の発言をしていたこともあり、中東情勢全般にインパクトがある重い問題なんだなぁ・・・と感じているところです

Wolters司令官の「You never know what the future will reveal」との発言が示すように、ハイレベルの政治問題化している本件が、あ2週間ほどでどう動くのか、見守りたいと思います

関連の記事
「トルコが米国内不統一を指摘」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-06-2
「もしトルコが抜けたら?」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-21
「来年10月S-400がトルコ配備」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-27-1
「マティス長官がトルコF-35を擁護」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-07-24
「6月に1番機がトルコに」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-15
「露製武器購入を見逃して」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28-1
「連接しないとの言い訳?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-12-30
「トルコ大統領が言及」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-14
「ロシア製S-400購入の動き」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-02-23 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

空母トルーマン早期退役案は早くも修正 [安全保障全般]

トランプ大統領が自身の予算案を修正とツイート
米海軍幹部が早期退役案を擁護している中で
「はしごを外された」とはまさにこのこと

trump state union.jpg1日、トランプ大統領がいつものツイッターで、「空母トルーマンの早期退役案」を修正する(I am overriding)とつぶやき3月に自らが政府案として提出した2020年度予算案に含まれる、空母トルーマンを寿命半ばにして退役させる案を修正する方向を示しました

この修正については、前日の4月30日に同空母を訪問したペンス副大統領が同空母勤務員を前に示唆していたところですが、比較的新しい1998年に就航した同空母の燃料交換大修理を行わず、寿命を25年も残して早期退役させ、修理費や維持費分を新型空母建造に活用しようとの案の方向転換です

トルーマン早期退役案については、5月中旬に国防省を去る試験評価局長の強引にまとめた施策だとか、米海軍全体の必要戦力量分析が実施中なのになぜ可能と言えるのかとか、様々にその背景や考え方に疑問を投げかける議論が巻き起こっており、特に米議会では主要議員がこぞって反対姿勢を示していました

それでも・・・・、海軍長官や米海軍首脳は、次の海軍作戦部長候補も含め、将来に向けての投資確保を理由に、懸命に説明を試みていたのですが・・・

1日付Defense-News記事によれば
Truman3.jpg1日、トランプ大統領はツイッターで、「私は、1998年に就航したばかりの偉大な空母トルーマンを退役させるとの予算命令を修正する(I am overriding)。建造中の新しい空母価格の一部を修正する」と発信した
上院軍事委員会のJim Inhofe委員長は前日のペンス副大統領の見直し発言を受け、「彼らは関係者の早期退役案への反応を観察し、如何にばかげた案であるかを知ったのだ。過ちをただすという、なすべきことをしたということだ」と述べている

●同委員長は早期退役案が提出された3月から、トランプ大統領とボルトン大統領補佐官を厳しく批判し、少なくとも10隻の空母が必要なことを強調していた
下院軍事委員会の海洋パワー小委員会委員長であるJoe Courtney議員も、「トランプ政権が超党派の反対意見に耳を傾け、寿命が半分残っている空母を破棄する誤った考えを改めてくれたことをうれしく思う」と述べた

●ただ同小委員長は、1日の時点では正式に2020年度予算案を修正して同空母早期退役案を取り消すとの修正案を受け取っていないし、米海軍の長期艦艇計画の修正も入手していないと述べた
上院予算委員会のRichard Shelby委員長は、「どのような経緯で早期退役案を修正する判断に至ったのか、我々は聞いていない」と疑問を呈したが、「我々超党派の議員は早期退役を望んでいないし、まだ新しい空母を生かすべきだ」と述べている

議員の間には、空母早期退役案を打ち出すことにより、予算追加配分を米海軍が狙っているのではないかとの憶測も流れ、卑怯なやり方だと非難の声も上がっていた
////////////////////////////////////////////////////

まんぐーすには案の是非を議論できるだけの知識がないのですが、かわいそうなのは米海軍幹部です。

Bill Moran.jpgペンス大統領が案修正を示唆した午後には、次期米海軍軍人トップ候補が議会で必死に早期退役案を説明しており、正式決定までは「はしごを外された」と分かっていても、愚直に務めを果たす姿がそこにありました。痛々しいです・・・

早期退役案を巡る「裏話」は今後徐々に表に出るでしょうが、予算案はあくまでも大統領が提出するものであり、その大統領から裏切られてはたまりません・・・

「空母トルーマン早期退役案で大紛糾」
https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-29
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

英国防省もイラン脅威に慎重でスペインは艦隊離脱 [安全保障全般]

英国防省が「イランの脅威増はない」発言の英軍少将を擁護
スペイン艦艇は空母リンカーン戦闘群から離脱
米国務長官も欧州諸国から冷たい扱いを

Lincoln.jpg15日、英国防省は自国出身の対ISIS多国籍部隊の副司令官(英軍少将)がイラクからの脅威が増しているとの認識はない」と発言したことについて、これを支持する声明を発表しました。

この英軍のChristopher Ghika少将は、14日のペンタゴンとのTV会議で質問に答える形で「イランに支援された在イラク及び在シリア勢力からの脅威の増加は全くない」と明言し、米中央軍の報道官が否定する声明を直ちに発する騒ぎの発端となった人物ですが、対イラン脅威認識について米英の食い違いを象徴する事象として大きく報道されているところでした

しかしこの対イラン脅威認識の食い違いは英国に限らず、急きょペルシャ湾に派遣された空母トルーマンと行動を共にしていたスペインミサイル駆逐艦も、イランとのごたごたに巻き込まれたくないとの理由で、14日に空母トルーマン戦闘群から離脱したそうです

B-52.jpgもう一つ14日には、対イランの米国姿勢を説明するためブラッセルに赴いたポンペイオ国務長官に対し、欧州各国首相はつれない姿勢を貫いたらしく、イランの脅威の実態いかんにかかわらず、欧州諸国は「係わりたくない」姿勢を隠すことなく主張しています

一方でイラン外相はインドや日本や中国を訪問して自国の立場をアピールし、米国の行動を地域の緊張をでっちあげる悪者と宣伝に回っており、米国の国際的な立ち位置は厳しいものとなっています

16日付Military.com記事によれば
Ghika.jpg15日早くに出された声明で英国防相は、Christopher Ghika英軍少将は自身の職務として情勢アセスメントを述べたものであると、淡々とその職務遂行ぶりを追認している
●一方で米国では、国務省がバクダットや北部イラクに在住する緊急要員でない米国人に避難勧告を出したことから、米上院では与野党両サイドから、イランの脅威の増加に関する説明を求める声が相次いだ

●また、14日にスペインのミサイル駆逐艦が空母リンカーン戦闘群から離れた理由についてスペイン国防相は、「米国政府がスペイン海軍と合意していた枠組み以外の決定を行ったからだ」と述べ、「一時的に米空母艦隊への関与撤から退する」としている
●イラクに兵力を派遣しているドイツとオランダも、米国務省が米国民の避難勧告を行ったことから、任務として取り組んでいたイラク治安部隊の訓練を中断し、自身の防御体制確保に攻めている

●専門家は「米国の同盟国で、中東地域でこれ以上の事態エスカレーションを望んでいる国はない」と言い切っているが、米国の中東での活動は同盟国によって支えられており、特に海上での作戦は米国だけでは成しえないと指摘している
Ghika2.jpg●イランの敵対的な動きに対し、米国が地域の戦力を増強するのはやむを得ないとみる専門家も、冷戦後の時代の流れの転換点にあるとの認識を示しており、イランの反米勢力への支援の増加に警戒感を示している

●そして、米国とイランのにらみ合いが続くことで、双方の誤解やご認識がきっかけとなり、関連の武装勢力が引き起こす事案に発展し、情勢がエスカレートすることが一番の懸念だと関係者は気をもんでいる
●欧州を訪問した米国務長官に対し、EUの外相に当たるFederica Mogherini女史は、ポンペイオ長官が主張する「最大限の圧力」ではなく、「最大限の自制」を米側に求めた

Iran-RQ-170-22.jpgイランへの強硬姿勢で米政権を支持する立場のLindsey Graham上院議員(共和党)も、国務省と国防省は、イランからの一連の「明確で信頼できる脅威」について議会に説明しべきだといらだちを表明している
トランプ大統領は15日の一連のツイートの中で、「イラン側は間もなく対話を求めてくるだろう」と述べている
//////////////////////////////////////////

この記事を掲載することには、事態が進展しているような気もしますが、ちょっときな臭いので記録しておきます

関連の記事
「英軍少将がイランの脅威増を否定」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-16
「イランからの明確な一連の脅威でB-52派遣」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-08

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

多国籍軍の英将軍がイランの脅威を真っ向否定 [安全保障全般]

OIR作戦部隊の副司令官がペンタゴンに言い放つ
「no increased threat from Iran」

Ghika.jpg14日、イランやシリアでのイスラム過激派対処作戦(OIR:Operation Inherent Resolve:生来の決意作戦)の副指揮官であるChristopher Ghika英軍少将が米国防省と結ばれたテレビ会議で、「イランに支援された在イラク及び在シリア勢力からの脅威の増加は全くない」と明言し、イランの脅威を強調している米政府の認識との相違を強調しました

この14日朝の英将軍の発言を米中央軍は慌てて否定し、中央軍報道官が「明確に認識された信頼できるイランからの脅威に関するインテリジェンス情報を米国や同盟国から入手している」と改めて強調し、中東域の米軍等が高い警戒態勢にあることを再度強調しました

真実の程は分かりませんし、英少将の発言の真意も詳しくは伝えられていませんが米軍の中東での動きが急で、何となくホワイトハウス主導の迅速な対応に驚いていた人々にとっては、中東情勢の実態について「?」マークで見ざるを得ないような雰囲気になってきました

14日付Military.com記事によれば
Ghika2.jpg●14日、ペンタゴンとのTV会議での質問に答えたOIR多国籍部隊の官であるChristopher Ghika英軍少将は、、「イランに支援された在イラク及び在シリア勢力からの脅威の増加は全くない」と明言した
●そして同少将は、「もし脅威レベルが上がるようなことがあれば、我々は警戒態勢をそれに応じて高める」と他人事のように表現した

この発言に対し、米中央軍報道官は当日午後すぐに反論し、「明確な脅威情報に基づき、在イラクと在シリアの米軍部隊は高い警戒態勢にある」、「明確に認識された信頼できるイランからの脅威に関するインテリジェンス情報を米国や同盟国から入手している」と改めて強調した
●更に同報道官は、「これらを受け、OIR部隊は高い警戒態勢にあり、在イラク米軍部隊に対する信頼できる脅威情報を注意深くモニターしている」と改めて述べた

米中央軍は、英軍少将の発言により、イランがもし攻撃した場合に米軍が反撃するとのホワイトハウスの姿勢の信頼性が損なわれると懸念しているようだ

B-52.jpgイラン外相は14日、UAE近海で4隻の船舶がイランからの攻撃により被害を受けたらしいとの報道は、米国がイランを攻撃するための口実をでっちあげるためのものだと警告した
●更に同外相は、「米国の過激な思想を持つ政策担当者たちが、地域情勢に問題や懸念を無理やり押し付けようとして、破壊工作や疑わしい事象をでっちあげている」、「我々は以前から、米国がこのような手段で地域を緊張させるだろうと予想していた」と訪問中のインドで訴えた
///////////////////////////////////////////////////////////

是非ともOIR副指揮官である Ghika英軍少将には、更なる発言をお願いしたいのですが、二度と表舞台に出てくることはないのでしょう・・・

イランを巡る対応について、米国と欧州諸国の亀裂が拡大しています。14日にブラッセルを訪問した米国務長官が対イランの協力を求めたのに対し、欧州諸国は極めて冷淡な対応だったようです

偶発的な事案が起きないことを祈るばかりです

「切迫イランの脅威で中東にB-52を緊急展開へ」
https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-08

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

切迫イランの脅威で中東にB-52を緊急展開へ [安全保障全般]

イラン軍が米軍攻撃を準備中との明確な情報あり 

B-52.jpg8日国防省が、イラン軍による米軍攻撃準備に関する明確な情報(recent and clear indications)があることから米中央軍の要請に基づき、空母リンカーン派遣前倒しに続き、B-52爆撃機を中東に派遣すると発表しました

5日にホワイトハウスが、「イランが米軍部隊を攻撃するようなことがあれば、穏やかならざる戦力で反撃されるだろう」とし、空母と爆撃機部隊の派遣を明らかにしたことを受けた具体的な行動です

空母リンカーンの中東派遣は以前から計画されていましたが、本情勢を受け臨時国防長官が派遣を早めるよう指示したようです。

Lincoln.jpg米空軍大型爆撃機は、911事案以降、ほぼ絶え間なくB-52とB-1が交替でカタールのアルウデイド基地に前方展開していましたが、3月にB-1が帰国し、IS作戦も落ち着いてきたことから、「爆撃機は打ち止め」説も出ていたところでした

中東のUAEには、4月15日に米空軍F-35が展開し、同30日には初実戦任務を遂行したところですが、この展開をイランと絡めて説明する報道もあったところです。

7日付米空軍協会web記事によれば
米国防省関係者は、B-52を何機派遣するのか、どこの基地から派遣するのかを明らかにしなかったが、イラン軍による米軍攻撃準備の兆候を受け戦力派遣要請を開始し、今も「number of credible threat streams」なイランの動きに関する情報を入手していると明らかにした
米国防省はそれが如何なる脅威なのか、どのぐらいの数の攻撃準備情報を把握しているのか明らかにせず、中央軍もB-52展開の具体的な内容については明らかにしなかった

B-52 Guam4.jpg声明で米国防省は、「爆撃機派遣部隊は、当該地域における米軍部隊と利害を守るために派遣される」と述べている
米本土バーススデール空軍基地所属のB-52部隊の一部は、最近欧州展開から帰国したところである。またミノット空軍基地所属のB-52の一部は、現在グアム島にCBP(continuous bomber presence)の一環として派遣されている
/////////////////////////////////////////////

日本では米中貿易摩擦とトランプ大統領による関税引き上げ問題が大きな話題ですが、イラン情勢は急激に緊迫の度合いを高めています

注意が必要です

米空軍F-35中東展開と初攻撃
「米空軍F-35が初実戦任務」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-01
「米空軍F-35Aが中東初展開」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16-1
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

海軍の夢?魚雷を迎撃する魚雷 [安全保障全般]

米海軍はあきらめたが独企業が挑戦
ロシアやトルコも開発しているらしいが・・・

SeaSpider 2.jpg4月上旬、ドイツ企業とドイツ海軍が協力して「魚雷迎撃魚雷システム:anti-torpedo torpedoes」を開発中で2017年には一定の試験に成功していると同ドイツ企業が明らかにしました。

この魚雷迎撃システムは、古くから世界の海軍関係者が追及してきたものですが、大気圏や宇宙空間のようにレーダー探知追尾や光学監視追尾が不可能なことから、弾道ミサイル防衛とは異なる考え方が求められる困難な取り組みです

それでも細部は不明ながら、ロシア海軍は「Paket-E/NK」との対潜水艦攻撃用と対魚雷攻撃のdual-use魚雷を配備していると言われ、トルコでも魚雷迎撃魚雷の試験に企業「Aselsan」が成功したとの報道が昨年秋に出たようです。

しかし米海軍では、開発してきた「水上艦魚雷防御システム:Surface Ship Torpedo Defense system」の魚雷探知識別精度が低く、誤警報を頻発すること等から昨年秋に開発計画が中止されており、その開発の難しさが話題となりました

今日ご紹介するドイツ企業のシステムも、2023-24年に実戦導入を目指す計画と言っていますが、ドイツ政府はノーコメントで、カナダ企業との協力を模索しているとの話もあり、技術的成熟度がどの程度かは判然としませんが、四面環海の日本としては気になる動きですのでご紹介します

16日付Defense-News記事によれば
SeaSpider 3.jpg4月初め、ドイツ企業が「SeaSpider」との魚雷迎撃魚雷の試験に2017年成功していたと明らかにした。同試験はドイツ海軍艦艇と同海軍研究所「WTD71」の協力で行われ、停止した海上プラットフォームからの物だったようだが、2018年に試験データ解析を行い、やっと今年になって開発自体を公にする許可が出たとのことである
●ただしドイツ海軍は、兵器や弾薬に関することは全て秘密事項であるから、コメントできないとの姿勢である

●開発しているのはドイツの「ThyssenKrupp Marine Systems」の子会社の「Atlas Elektronik」で、「SeaSpider」魚雷迎撃魚雷と、敵の魚雷を探知・識別・追尾する「torpedo detection, classification and localisation (TDCL)」システムで、海上試験に成功したと発表した
●魚雷迎撃魚雷には、ロシアやトルコが取り組んでいるが、米国防省の試験評価局の2018年対象の報告書によれば、米海軍は開発システムの信頼性が不十分として開発を中止している

SeaSpider.jpg●一方でこのドイツ企業Atlas Elektronikの開発責任者Thorsten Bochentin氏は、米国が克服できなかった「開発上最大の課題」である魚雷探知識別精度の課題を、艦艇搭載センサー情報と迎撃魚雷がシーカーから入手する情報の融合で克服したとDefense Newsに対し語っている
●また同氏は、価格面でもローコストを実現できると主張し、一般的なMU90のような魚雷が1発2億円としても、「SeaSpider」はその何分の一かの価格で実現できると説明した

●更に同氏は、SeaSpiderがバルト海のような浅い海でも活用できるよう、水中投入後直ちに推進装置が駆動するような設計なっている点も強調している
●今後「SeaSpider」は、2023-24年の実戦投入に向け、独海軍の協力を得て移動艦艇からの発射事件などを行う計画であるが、仮に将来ドイツからの協力が得られなくなっても 、既に他国からも複数の問い合わせや投資申し出があることから、同氏は開発の今後に自信を持っている

●具体的にな動きとして4月8日の週には、カナダの「Mississauga」とのロケットモーター企業との提携を発表し、将来の製造拠点として米大陸への進出を見据えている
///////////////////////////////////////////////////////

wake-homing.jpg水上艦艇や潜水艦への脅威として古典的な魚雷ですが、最近は艦船の後ろに残る「航跡波」「航走波」「曳き波」を追随してスクリューや推進装置を破壊する「wake-homing魚雷」が極めて大きな脅威として恐れられており、その対策が急務となっています

「SeaSpider」は「wake-homing魚雷」への対処力も設計上あるようで、関係者は今後の試験でその能力をデモするそうです。最近ドイツの軍需企業からの話題が多いですね。偶然でしょうか?トルコも・・・

関連のありそうな記事
「独の後継戦闘機争い」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-02-01
「独企業の対ステルスレーダー」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-11-17-1
「魚雷に目標情報アップデート」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-16-1
「米NPRも露核魚雷に言及」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13-1
「露が戦略核魚雷開発?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-12-06

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

F-35B艦載強襲揚陸艦が南シナ海初航行 [安全保障全般]

海兵隊のF-35軽空母推進構想の具現化
通常の倍の10機を搭載し
米海軍が空母削減方向の中で

F-35B Assult ship.jpg3月末、米海兵隊の強襲揚陸艦「Wasp」が「航行の自由作戦」の一環として南シナ海を通過してフィリピンに入港したようですが、初めて垂直離着陸型F-35Bを搭載して同海域を通過し、更に通常の倍の10機を搭載して同作戦を行ったことで、米海兵隊が2017年に掲げた「Lightning Carrier」構想の具現化と話題になっています

南シナ海では朝鮮半島問題の騒ぎに乗じて中国による埋め立てが完了し、地上部分の軍事施設も滑走路やレーダー施設だけでなく、航空機格納庫や地下弾薬庫、更には電波収集用の巨大アンテナや地対空ミサイル配備施設まで、考えうる全てのやりたい放題もほぼ完成してしまっています

Thitu island.jpgそして今は、南沙諸島で2番目に大きなフィリピンが実効支配している「Thitu island:パグアサ島」に対し、数百の中国小型ボートが押し寄せ、フィリピンの守備隊約30名とフィリピン島民約100名を威嚇を始めている事態となっているようです

本日は、南シナ海の無法地帯ぶりは脇に置き、米海兵隊の強襲揚陸艦活用事例と試みについてご紹介します

5日付Military.com記事によれば
米海軍と海兵隊は、強襲揚陸艦をミニ空母として活用するコンセプトを試し始めたようで、関係国の係争が続く南シナ海を、通常よりF-35B多い10機も搭載した艦艇が3月末に初めて通過したようだ
F-35B-test.jpg●米海軍公開の写真によれば、同艦艇は別にオスプレイ4機も搭載している模様で、現在フィリピンで着上陸、実弾射撃、都市戦、対テロ戦、航空戦などを訓練中である。F-35Bがこの種の演習に参加するのも初である

●この強襲揚陸艦用コンセプトは数年前から議論していたもので、強襲揚陸艦を軽空母運用するもので、米海軍が空母トルーマンを寿命半ばで早期退役させる案を持ち出し中で、大型空母を補完するものとして注目を集めている
●米海兵隊は「The Marine Corps' 2017 aviation plan」の中で、米海軍の大型空母にとって代わることはないが、その補完として柔軟な運用を様々に想定するとして、「Lightning Carrier」との項目を立ててその構想を描いていた

●そのPlanの中では、「強襲揚陸艦の特性をフルに活用して統合戦力に新たな能力を提供する」、「強襲揚陸艦に16-20機のF-35Bと空中給油能力機を搭載し・・・」との構想が表現されている
//////////////////////////////////////////////////////////

F-35B-2.jpg自己防御能力が限られる強襲揚陸艦が、16-20機のF-35を搭載して戦力になるのか???・・・との疑問が浮かびますが、米海軍艦艇や空母戦闘群と連携して安全を確保しつつ・・・ということなのでしょうか?

海自の「いずも」も、この流れに巻き込まれたのでしょうか???

話題に上ることが少なくなった「南シナ海」ですから、米海兵隊の地道な取り組みに敬意を表したいとは思いますが、中国のやりたい放題の前に無力感が漂う今日この頃です・・・

トランプの思い付きに期待するのは危険な考え方なんでしょうねぇ・・・

最近の南シナ海関連記事
https://holyland.blog.so-net.ne.jp/search/?keyword=%E5%8D%97%E3%82%B7%E3%83%8A%E6%B5%B7

「空母トルーマンの早期退役を巡り紛糾」
https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-29

F-35B関連の記事
「F-35Bが初の実戦任務」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-09-28-1
「海兵隊F-35は岩国の次に中東へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-09-03-1
「岩国配属F-35Bがホット給油&給弾訓練」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-04-18-1

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

トルコへのF-35輸出問題で米国内不一致を指摘 [安全保障全般]

トランプ大統領は「何とかする」と言い
米国防省は同機の部品提供を停止
トルコ外相が米国内不一致を指摘

USA Turkey.jpg3日、トルコ外相(Mevlüt Çavuşoğlu)が70周年のNATOを記念するNATO集会で挨拶しロシア製地対空ミサイルS-400導入(今年10月)の意思に全く変更はないと語り、またNATO防空システムとの連接は考えていない、防空のため早期に導入する必要があるから、米国とロシアのどちらか一方を選択するのでもない等と語りました

また同外相は、ロシア製S-400をトルコが導入することに反対する米国の国防省が今週、トルコが開発パートナー国として関与してきたF-35の部品供給を停止すると発表した一方で、「最近」トランプ大統領からトルコ大統領に直接電話があり、「ケアするから心配するな」との趣旨だったと明らかにし、米国内がバラバラなことが問題だと「暴露」しました

更に同外相は米国のシリア政策に関し、ホワイトハウス、国防省、国務省、米中央軍の説明や考え方がバラバラで困惑しているとも訴え、真実はいざ知らず、米国内の混乱ぶりを冷笑するような姿勢を示しています

さもありなん・・・と思わせるトルコ側の主張ですのでご紹介しておきます

3日付Defense-News記事によれば
S-400-launch.jpgトルコ外相は、360度NATO加盟国首脳や関係者に取り囲まれた70周年NATOを記念するステージ上から、S-400に関するトルコの姿勢を改めて主張し、米国からの本件に関するバラバラなシグナルを困惑材料として批判した
●同外相はS-400導入に関し、「トルコはロシア製か他国製かで選択する必要はない。またトルコはロシアとの関係を、他国との関係の代替とは考えていない」、「何人も、トルコにロシアと西側諸国の2者択一を迫ることはできない」と述べた

そしてS-400納入に関しては明確に、「間違いなく完全に実行される」、「既に締結された契約上の行為である」と聴衆に対し言い切った
●一方で同外相は、ペンタゴンが今週F-35部品の提供を中止する発表を行った中でも、トランプ大統領からはF-35取引の道は開かれているとの話を聞いていると述べ、真意を問いただす質問に対し、最近トランプ大統領からトルコ大統領に電話があり、「ケアするから心配するな」との趣旨の電話があったと明らかにした

●ただし、繰り返し投げかけられている質問、F-35計画から排除された場合のトルコ経済への打撃程度については、「我々はあくまでパートナー国であり、単純な話だ」と直接的な言及を避けた
USA Turkey2.jpg●同外相はまた、トルコからNATOに対し、S-400を如何にNATOシステムから切り離して運用するかを協議ずる場の設置を提案していると語り、NATOがカバーできていない地域の防空のため至急SAMを導入する必要性を強調した

●トルコ外相の後で同じステージに立ったペンス副大統領は、「トルコは米国製パトリオットを選択しなければならない。トルコは歴史上最も成功した同盟に残るつもりがあるのか、リスクを冒すのか?」とトルコに迫っている
Shanahan臨時国防長官は前日に記者団に、米国が提供しようと提案しているパトリオットに自信を持っている」と発言したが、これに対しトルコ外相は、米国からのパトリオットのオファーが正式に成立するかは不透明だと述べ、米議会が反対する可能性を鋭く指摘した

●更に同外相は、米国内の「ちぐはぐ」さを示す代表的な事例として、米国の長期的なシリア政策に関し、ホワイトハウス、国防省、国務省、米中央軍の説明ぶりや考え方がバラバラで困惑しているとも訴え、「米国の考え方がわからない、それが問題だ」と指摘した
//////////////////////////////////////////////////////////

USA Turkey3.jpgトランプ大統領とトルコ大統領が最近電話で話したことを、もしかしたら国防省関係者は知らなかったかもしれません・・・邪推ですが・・・

でもわかりやすいです。国防上の問題が多少あろうとも、F-35の軍事機密が漏れてロシアに流出しようが、F-35がたくさん売れたほうが良い・・のがトランプ大統領でしょう。邪推ですが

トルコと米国関係
「もしトルコが抜けたら?」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-21
「来年10月S-400がトルコ配備」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-27-1
「マティス長官がトルコF-35を擁護」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-07-24
「6月に1番機がトルコに」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-15
「露製武器購入を見逃して」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28-1
「連接しないとの言い訳?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-12-30
「トルコ大統領が言及」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-14
「ロシア製S-400購入の動き」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-02-23 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本製C-2輸送機が海外で人気? [安全保障全般]

問い合わせがあるのと実際の購入とは違いますが・・

c-2 2.jpg少し古いですが2月末のDefense-Newsが、川崎重工が開発製造している航空自衛隊の次期輸送機C-2を、川崎重工がニュージーランドに売り込むとの同社関係者の話を取り上げ、他にも複数の国から問い合わせがあると紹介しています

2月末に豪州で開催されていたAvalon航空ショーでの取材情報を基にDefense-Newsが取り上げていますが、同エアショーにも1機が展示され、2017年11月には既に同機がニュージーランドを訪問しているそうで、武器輸出三原則から防衛装備移転三原則への移行に伴い、C-2の海外への売り込みが行われています。

このため川崎重工は、2016年にC-2の輸出を目指す「大型機輸出プロジェクトチーム」を立ち上げ、営業や設計に精通するエンジニアら約20人で構成する専門組織により、諸外国の需要調査を進めているようです

c-2 4.jpgもし海外への輸出が成功せず、航空自衛隊だけの購入となれば、C-1輸送機の後継機として、わずか20-30機しか製造されないことになり、1機当たりのコストが高止まりしてしまいます

C-2の価格については昨年6月2019年度予算価格が、2011年度の調達開始時の1機166億円より70億円(約4割)も上昇して236億円になっていることが明らかになり、財務省財政制度等審議会の分科会が、「費用対効果に優れている機種への代替も検討するべきではないか」と防衛省に異例の「注文」を付けるに至っています。

価格高騰の理由について、防衛省の担当者は「メーカーが米国から購入しているC-2輸送機からエンジン価格が高騰しているうえ、為替レートが円安傾向のため」と説明しているようです。

米国からの「いじめにあっている」ような気がしますし、高価格以外にも、不整地での着陸ができないハンディーも背負っているようですが、貨物室スペースの高さが高いことなどに関心を持つ国もあるようなので、ご紹介しておきます

2月28日付Defense-News記事によれば
c-2 3.jpg●川崎重工は、NZが同国のC-130H輸送機やB-757-200C輸送機の後継機を検討するFAMC( Future Air Mobility Capability)計画に、C-2輸送機を提案する予定である
●NZはC-130とB-757の後継機として、2機種を選定するか、1機種で賄うかも含め検討中である

Avalon航空ショーで川崎重工関係者は、NZとは要求性能について数年にわたって協議していると述べていた
●一方で同関係者は、「C-2のマーケティングは最近始めたばかりである。今後少なくとも10年間は、C-2の生産を継続する」とも述べている

航空自衛隊の第3輸送航空隊(美保)から飛来したC-2輸送機が、同航空ショーで展示されているが、同機は2017年11月にNZをすでに訪問している
C-2輸送機は、航空自衛隊のC-1輸送機(20数機)の後継として国産開発され、既に2機のプロトタイプと7機の完成機が納入されており、最終的には20-30機が購入される見込み

●川崎重工関係者は、「(NZ以外に)several other countries」とC-2売却協議を行っていると述べたが、具体的な国名や地域について言及を避けた
●また同社は、防衛省と経済産業省と輸出許可を巡り協議しているところである
///////////////////////////////////////////////////////

c-2 5.jpg川崎重工関係者の言葉を信じ、価格のことは考えず、良い知らせを待ちたいと思います。
中東ではUAEの名前が昔から上がっています

武器輸出三原則から防衛装備移転三原則への移行に伴い、輸出に成功した日本製国防装備があったか記憶にありませんが、そうりゅう型潜水艦はダメでしたし、P-1に英国が関心を・・なんて話もありましたが・・・。今後も難しいでしょうねぇ・・・

関連の記事
「P-1に英国が興味」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-06-18
「そうりゅう型に豪州が興味」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-01-05

C-2輸送機のwikipedeia
https://ja.wikipedia.org/wiki/C-2_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E3%83%BB%E6%97%A5%E6%9C%AC)

防衛白書の「防衛装備移転3原則」解説
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2014/html/n4133000.html

タグ:川崎重工 C-2 KHI
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース
前の15件 | - 安全保障全般 ブログトップ